FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

5/22 今日の授業から 高3 数学 場合の数・確率

5/22 今日の授業から 高3 数学 場合の数・確率

 場合の数や確率が苦手という人、多いです。
 
 数学も問題を解く基本は
 「問題文→グラフや表、図、絵での分析(観察)や与えらえた式の整理と解釈→条件式の設定→問題を解く式の選定→解く」
 ですが、ほとんどの生徒が「問題文→問題を解く式を作る→解く」という手順になってしまっています。授業を受け、同じように解くという例題重視で教わってきてしまっていることがかなりの大多数ですから、仕方のないことです。
 偏差値も高くとっていて、私立最上位の理科大や早稲田、慶應、国公立上位の北大や東北大を目指すような生徒でも、これがしっかりできていない生徒は少なくありません。今後は、知識活用型の問題が増えることにより例題重視の勉強で解けない問題はどんどん増えていくでしょう。

 場合の数は確率は、パターンが多く、パターンの例外も多いため、例題重視が通用しずらい。そのため与えられた条件の分析を行う習慣を持っていない子は、十分な練習が行わえないまま何問も何問も解くことになり、苦手や嫌いになりやすいのかもしれません。

 私たちの教え方は、例題重視ではないため、どう解くかとか、どんな式をつくれば解けるとかはあまり教えません。
 どんなことをどんな式で表せるか、式を解釈するというのどうすることか、グラフや表、図を見るときはどこに注意してみるのかを中心に基本を教えます。応用問題はこの組み合わせでしかありません。そして問題文を読み始めてからの分析、解釈、設定のプロセスが行わているか、式変形の方針が意識されているかをノートを1行1行見ながら、欠けている基本の確認や問題文に書かれている事柄で観察されていないことを指摘していきます。通常、最初の観察や分析は問題文の書いてあるとおりにグラフ等を書くことが中心ですから、大体の生徒はできることですし、ここが適切に行えれば、あとは基本知識を持っていればその先はスルスルと進むものです。
 
 最近通い始めた大学受験を控えた生徒で、やはり場合の数と確率を苦手としている生徒がいますが、確率の復習に入りました。確率に入って1度目の授業で基本知識の確認と確率での問題文を読んでからのプロセスを具体的にやってみて教え、2度目の授業のときに家でやってきた内容を確認しながらノートを見ていると「なんか普通にできた。今までで一番できたんだけど。」と言われたのは嬉しかったです。今までよりも難しい問題集(偏差値55から60くらいのGMARCHレベルの大学が目安の問題集)を行っていて今までで一番できたから、本人も嬉しそうです。
 場合の数・確率でまだもう少し問題を解き進めて、プロセスの確認を行いますが、この調子で勉強時間相応に実りのある練習を続けてほしいと思っています。



受験は変わる 勉強はそのまま?
大学入試、高校入試、中学入試、そして教科書も「考える力 = 知識活用型・思考力重視型」へと変わっています
考える力を支える基礎は、ただの知識ではなく、応用可能な形で身につけることが大切です。
さらにその知識を知っているだけでなく、活用するためのプロセスが大切です。 
だからスクラムnextは、教えるだけでなく
一人ひとりの解いた跡を一緒に見て 1つ1つ 1行1行 丁寧に学習を進めます
さいたま市北区の個別指導進学塾 スクラムnext
< 大学受験コース(現役高校生、浪人生), 中学生コース(中1・中2毎日の学習、高校受験、中高一貫生), 考える小学生コース >

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

スクラムnext

Author:スクラムnext
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。