4/17 今日の授業から

2018/4/17 今日の授業から 小6 考える算数
 
 「考える力」の練習、どうしますか?
 「考える問題」を与えて「色々考える」という練習は、考えられる人にはできるでしょうが、普通の人にはなかなかできるものではありません。
 「考えるってどういうこと?」となってしまいます。

 「こういうふうに解く」というのを教えるのも、「その問題の解きかたを教える」ことにはなっていますが「考えることの練習」にはなっていないようにも思います。

 「考える」とはどういうことなのか、色々とあるでしょうが、少なくとも算数や数学などのいわゆる「学科」や科学になっているものの中では「考える」ことの練習を具体的な行動として身につけることができます。

 考える力重視タイプの算数の問題を解く場合、問題文→分析→式→計算 と進めますがここで「分析」という過程が算数における「考える」ということになります。「分析」には手法がありますから、この手法を練習することが考えることの練習そのものにつながります。

 これまで他の塾で中学受験の勉強をしてきたA君。ここでは「このタイプの問題はこのように解く」という分析よりパターン認識に比重を置いた勉強により、勉強量や勉強時間が長くなり、パターンの理由がよく分からないから覚えるもの大変で、苦労していました。スクラムnextに来て数週間、分析の方法に比重をおいたプロセスで問題文を1つ1つ一緒に見ながらノートにどう分析するかを書いて教えていたところ、やや複雑な問題を教えているとき、目の色が変わりました。式が自然にできあがっていく様子に、目の色が変わったようです。

担当:田中

受験は変わる 勉強はそのまま?
大学入試、高校入試、中学入試、そして教科書も「考える力 = 知識活用型・思考力重視型」へと変わっています
考える力を支える基礎は、ただの知識ではなく、応用可能な形で身につけることが大切です。
さらにその知識を知っているだけでなく、活用するためのプロセスが大切です。 
だからスクラムnextは、教えるだけでなく
一人ひとりの解いた跡を一緒に見て 1つ1つ 1行1行 丁寧に学習を進めます
さいたま市北区の個別指導進学塾 スクラムnext
< 大学受験コース(現役高校生、浪人生), 中学生コース(中1・中2毎日の学習、高校受験、中高一貫生), 考える小学生コース >

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

スクラムnext

Author:スクラムnext
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR