FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

11/27 今日の授業から 高3 センター試験演習 数IA 確率

11/27 今日の授業から 高3 センター試験演習 数IA 確率

確率の勉強のしかたで悩んでいる生徒は少なくありません。

「いろいろなパターンがあって、どれを使うのか分からない。」
「解説を聞くと分かるとけど、自分では思いつかない」

ということが多く聞かれます。
 確率は数学の他の単元と若干違うためか、他の単元が良くできている生徒でも、確率で悩むこともよくあります.
そして、他の単元よりも問題文を読んでから式を作るまでのプロセスが非常に大切になります。

問題文→観察(分析)→式

のプロセスを毎回の練習で行うことが大切です。

観察って?
 確率での観察は「具体的などんな事象か」を2個から3個書き出すことです。これをイメージしている間に、式と結びつく操作がはっきりしてきます。

 また実践レベルの問題でこの過程がスムーズに行われるためには、を基本を使える形で身につけておくことが大切です。基本の練習のときには比較的単純な事象を扱いますが、単にどんな式を作るかに集中するのではなく、「どのような事象が、どのような絵や図になるのか。どのような操作がどのような式で表現されるのか」といったことを身につける学習が大切です。
20171128.jpg

担当:田中

受験は変わる 勉強はそのまま?
大学入試、高校入試、中学入試、そして教科書も「考える力 = 知識活用型・思考力重視型」へと変わっています
考える力は授業で身につくものでしょうか?取り組む問題を変えれば練習できるものでしょうか?
考える力は知識ではなく使い方です。覚えればできるものや、理解すればできるものではなく、習慣にしてできるものです
だからスクラムnextは、教えるだけでなく、練習問題やテストをするだけでもなく
一人ひとりの解いた跡を一緒に見て 1つ1つ 1行1行 丁寧に学習を進めます
さいたま市北区の個別指導進学塾 スクラムnext
< 大学受験コース(現役高校生、浪人生), 中学生コース(中1・中2毎日の学習、高校受験、中高一貫生), 考える小学生コース >

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

スクラムnext

Author:スクラムnext
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。