FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

11/7 今日の授業から

11/7 今日の授業から

☆高1 物理基礎☆

今日のテーマ 物理の勉強のしかた

 高校の勉強で大切なのは、各科目が「何をどのように使って、何をどのように分析し、何をどのように表すか」を意識して練習を行うことです。これらの意識が外れると、勉強のポイントがずれます。ポイントがずれたまま練習を行っていても、中学までの勉強はどうにかなる生徒も多いものですが、高校ではどうにかなるほどに勉強が単純ではなくなります。

 物理は「現象を数式で表す」科目です。物理では「絵」を書いて現象を把握するのが主な分析手段です。
そのため、物理の勉強で大切なのは
① どのような式や法則が、どのような現象を表すかを覚えること。
② 問題文が設定する状況や現象を把握すること。把握するために絵を書くこと。起きている現象が1つまたは複数の絵にまとめられ分析が進みます。
③ 書かれた絵を見ながら式にすること。

と、言われてピンとくる場合もあるでしょうか、大体は「何のこと?」となると思います。というのは物理を学んでいく人ですから、初めから分かるものではありません。そのため、まず新しい式や法則が出て来るときに、それがどんな現象でどんな式で設定するかを整理し、生徒が問題文を読みながら描いた絵を一緒に見ながら絵に書き込まれたものが式を作るのに適切になっているか、絵から作られて式が現象を読み取れるようになっているかを一緒に確認しながら勉強が適切なのになるようにしていきます。
作られた式は、公式通りであることよりも、現象を表す言葉のように解釈できる形かが重要です。このとき、その現象をどのように把握しているかは人それぞれによって変わりますから、同じ式になる必要はありません。その人が描いた絵を見ると、どのように把握したかも読み取れますので、現象の把握と式設定に矛盾がないかを見ることで、理解が十分かどうかを確認しながら進めていきます。

担当:田中

受験は変わる 勉強はそのまま?
大学入試、高校入試、中学入試、そして教科書も「考える力 = 知識活用型・思考力重視型」へと変わっています
考える力は授業で身につくものでしょうか?取り組む問題を変えれば練習できるものでしょうか?
考える力は知識ではなく使い方です。覚えればできるものや、理解すればできるものではなく、習慣にしてできるものです
だからスクラムnextは、教えるだけでなく、練習問題やテストをするだけでもなく
一人ひとりの解いた跡を一緒に見て 1つ1つ 1行1行 丁寧に学習を進めます
さいたま市北区の個別指導進学塾 スクラムnext
< 大学受験コース(現役高校生、浪人生), 中学生コース(中1・中2毎日の学習、高校受験、中高一貫生), 考える小学生コース >
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

スクラムnext

Author:スクラムnext
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。