FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

10/28 今日の授業から

10/28 今日の授業から

☆高3 化学 センター試験演習☆

今日のテーマ 現象と式を一致させる練習を行うこと

 化学は化学反応などの現象についての学習です。そのため、練習で問題を解くときや暗記するときも、事柄や公式を表面的に暗記したりどんな形の式を作るかを覚えるのではなく、どんな現象が起きているのか、その現象を式にしたときにどんな式になるのかを確認しながら進めることが大切です。
 このとき意識すべきことは
 ① 化学反応式は 化学で現象を把握する手段として使っているということ。
 ② 化学で使われる計算も、現象につけれた式だから、化学反応式を基準に式の各部分が何を表しているのかを理解すること。
   例えば… C mol/L の溶液 V mL に含まれる物質量(mol)の計算
        C×V/1000 と単純に覚えるのではなく
        まず、C(mol/L)が 1L中にC molの溶質が含まれている。という様子を表していること
        1L=1000mLだから C×1/1000 が1mLあたりの物質量を表していること
        これをV倍した C×1/1000×V でVmlあたりに含まれる物質量になること
        といった、物質が溶液中にある様子とつなげて理解しておくことが大切です。この流れを意識しながら式を作ることで、色々な式を作る練習にもなるし、現象と式が一致していきます。本番でスムーズに流れをつかめるように、練習中にいちいち現象や流れを確認しながら行うことが大切です。
 ③ 有機化学では 詳細な化学反応式よりも官能基のみへの着目が優先されるという見方で反応を把握する
 各分野ごとに着点を学び習得していくことで、複雑な問題や思考力型の問題も解けるようになっていきます。

 覚えたかどうかも大切ですが、現象に着目した理解や解きかたがされているかも同様に大切ですから、解いた跡を一緒に見ながら、基礎知識が応用できるもとして身につくように、練習が適切なものになるように整えていきます。

担当:田中

受験は変わる 勉強はそのまま?
大学入試、高校入試、中学入試、そして教科書も「考える力 = 知識活用型・思考力重視型」へと変わっています
考える力は授業で身につくものでしょうか?取り組む問題を変えれば練習できるものでしょうか?
考える力は知識ではなく使い方です。覚えればできるものや、理解すればできるものではなく、習慣にしてできるものです
だからスクラムnextは、教えるだけでなく、練習問題やテストをするだけでもなく
一人ひとりの解いた跡を一緒に見て 1つ1つ 1行1行 丁寧に学習を進めます
さいたま市北区の個別指導進学塾 スクラムnext
< 大学受験コース(現役高校生、浪人生), 中学生コース(中1・中2毎日の学習、高校受験、中高一貫生), 考える小学生コース >
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

スクラムnext

Author:スクラムnext
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。