FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

数学の勉強

数学を勉強するとき「やり方」とか「解き方」に注目しないように!
と私たちは生徒に教えます。

そう言うと「ではどう勉強するのですか?」
といった質問を受けることもよくあります。

いや考えてみると、世間では「数学の勉強」って何だかボヤっとしている気もする。
問題演習をたくさんやるとか、難しい問題を解くとか。自分の解けるレベルから初めて少しずつ難しくしていくとか。
数学は暗記だとか、分からなかったら解答をみて覚えるとか。よく考えるとか。

それはそれで功を奏させる場合もあるのだろうが、私たちの塾にやってくる生徒たちを見ていると、これらの方法どうこうというよりも、数学の問題にアプローチするプロセスの段階で視点がズレている人がほとんど。ズレたまま勉強を進めている。
しかも「うまい方法」とか「センスの良い方法」に対する評価が高かったりする。
最難関の進学校と言われる高校でも、これらの状況はあまり変わらない。数学のテストでの学年順位が高めの人も。

稀にズレていない人がいるが、そういった自力でズレを修正できた人が世の中では理系脳とか、数学的センスとか特殊な人と言われたりするのかもしれない。

今、大学を含め学校で教わる数学のほとんどは近代以降に発達した科学としての数学ですね。
科学というのは本来は体系のある学問のはずではないだろうかと、思うのです。

何を言いたいかというと、体系的であるならば「うまい方法」とか「センスの良い方法」とかが、「通常では思い浮かばない」とか「よく考えないとわからない」というようなニュアンスをを含んだものであったなら、それはある意味特殊な方法というもので、特殊であるということは体系の中心ではなく、むしろ例外事項ではないかと思うのです。

参考書や問題集の中には、このような”特殊”を誇示し、体系から逸れてしまっているものをよく見かけます。
教科書はやはり体系を意識されているものも少なくはないように思いますが、生徒の持ってくる授業ノートを見ると、やはり体系からずれているようなものも少なくない。

どうもこういった風潮が数学の勉強法を謎に包んでしまっているように思ったりもする。

数学って何?という根本を意識すると、自然と見えてくるはずの体系的な学び方。
科学であるのだから、特殊に目を向けずに、体系に目を向けて学ぶべきだと思うし、体系的だからこそ学ぶことでトレーニングが成立するのだと思う。

そのエッセンスは基礎に詰まっていて、基礎がこういった意識で教えられ、学ばれることで、基礎は応用可能な「本来の基礎」として身に着けられる。問題を解くプロセス自体も、特殊なものではなく、数学であればどの問題にも共通のプロセスというものがあるわけで、これも体系の一つ。

このような形での勉強が、本来必要な数学の勉強。

そしてこれを「具体的にはこういうことです」と、教室では日々教えていっています。

スクラムnext
"良質の基礎”×”思考プロセスの習慣化”×”実力の上がり方・本番での安定性を考慮した学習計画”=”合格力”
< 大学受験,(現役・浪人), 中高一貫生, 高校受験, 小学生(思考力・表現力コース) >
スポンサーサイト
プロフィール

スクラムnext

Author:スクラムnext
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。