FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

英語長文の難易度の壁

大学入試英語長文の難易度の壁をご存知でしょうか?

高校入試などの英語長文は、「訳せれば解ける」というレベルのものがほとんどです。
大学入試では、いわゆるGMARCHレベルの大学までは「訳せれば解ける」というレベルが多いと思います。
センター試験もこの範囲内にあります。

もちろんこれらのレベルでも和訳できることにとどまらないで文脈に着目すると解きやすくなりますから、文脈理解を助ける接続詞などに着目した読み方など、和訳以上のものもあると得点は上がります。得点は上がりますが、必要不可欠なものではないですね。

しかしそれ以上のレベルの大学となると、和訳できても理解できないもの解けないものが増えてきます。
和訳できることよりも論理への着目や論証過程の濃淡の理解が必要となります。
現代文が「日本語が読めれば解ける」問題ではなく「主張の理解や論証過程の理解」によって解けるものであるように、英語も主張や論証過程の理解が必要になります。和訳以上のものが不可欠なのです。

以前はこのレベルの長文を出すのは私大では早稲田や慶應だったのですが、数年前から立教もこのレベルの問題を出すようになり、ここ1,2年でもしかしたら法政がこのタイプに移行しようとしているのかなと、感じます。

このレベルへ対応するには、まず基礎として構文解析ができること、複雑な構文も読み取れること。
それができたうえで、論証過程に着目した読み方を習慣化する必要があります。

これは知識というよりも、読むプロセスや思考プロセスの習慣ですから、講義や参考書ではなかなか身に着けられないかもしれません。そんな場合は、私たちスクラムnextもサポートしております。
私たちは読むプロセスを1対1で個別に見て、プロセスの習慣化までサポートする指導を行っています。

スクラムnext
"良質の基礎”×”思考プロセスの習慣化”×”実力の上がり方・本番での安定性を考慮した学習計画”=”合格力”
< 大学受験,(現役・浪人), 中高一貫生, 高校受験, 小学生(思考力・表現力コース) >
スポンサーサイト
プロフィール

スクラムnext

Author:スクラムnext
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。