FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

英語の歌詞を訳してみよう

高校2年生で英語がとてもできるようになった生徒がいます。
去年の9月から毎日通ってくれて、英語の基礎から始め、今では最難関大学の入試長文も難なく読みこなせるレベルになりました。

でも、そんな生徒でも苦手な部分があります。
口語的な表現。
高校のテキストや大学受験の問題集に出てくるような口語表現はスラスラなんですが、そこに載らないような表現や省略が苦手。

ということで。
もう最難関レベルの文章なら読みこなせるようになったし、次は論証構造の把握へとすすみながら、
もっと自然に英語を理解できるようになるため、省略にも強くなるため、生徒の知っている英語の歌の歌詞とかドラマのセリフの和訳もやってみることに。

その高2女子の生徒がいま持っているものを使って、ディズニー映画の歌詞から。
初めに去年流行った「Let it go」 ストーリーを踏まえながら訳していきます。
その次に「jingle bells」 次に「whole new world」 次に[part of your world」とやってきています。

はじめてまだ2週間ほどですが、省略や英文の内容のイメージ化など、鋭くなってきています。

教わっている生徒も楽しそうだし、教える私も、とっても楽しい。
「もうすぐ英文精読を終えて論証構造把握へ移行するよ。」と言ったら、
「そっかぁ、英文の精読、結構好きだったけどなぁ。」って言ってくれたし。

長文では自分たちと考え方の違う考え方とか、アイデンティティのこと、科学のこと、経済のこと、、、いろんなテーマを読みます。
普段の学習は学問や社会を見る目の”基礎”でしかありません。スポーツの筋トレのようなものかもしれません。だから、勉強の内容は、自分が住んでいる世界とどこか違う世界のことであったり、かけ離れたことであるように感じてしまいます。そのために数学などは興味が湧かない生徒も多いのかもしれませんが。。。もちろん、この基礎無くしては視野は狭いままでしかありません。学ぶことなくしては、普通に感じることや目で見える範囲内でしか視野は広がりません。目の前にある空気だって見ることができないのが、人間の”感覚”ですから。毎日使っているスマホの電波も見えないのが私の目ですから。だから、学習は世界を広げるために不可欠な、とても大切な教養なのです。その先に、広い世界が広がっています。
数学者や物理学者にとって、数式は言葉です。数式をとして世界を見ることができます。どんなに遠くの世界も、どんなに小さい世界も、現代の科学者もまだ知らないような複雑に影響しあう大集団の世界も、中学や高校で学ぶ基礎の先にあります。それが技術になれば、未来の世界が作られます。
教養を知り、色々な考え方や視点を知り、それがコミュニケーションになれば、人類がその誕生以来解決できないような問題も、感情や感覚と知性だけでは解決できなかった問題も、解決できる未来が作られるかもしれません。
これらは全て、今の勉強の先に広がっています。

でも、普段の勉強の世界はどこか離れた世界のことのように感じられてします。英語長文では、基礎では得られない生きた知識などを学ぶことができて、小さいころの知的好奇心にあふれていた頃のように、学ぶこともできるのかな。。。そんな風にふと思いました。

こんな風に勉強できると、楽しいですね。

スクラムnext
本質からの学習で まだ見ぬ自分へ。
学習をデザインし 目標へ向け最適化する進学塾。
< 大学受験,(現役・浪人), 中高一貫生, 高校受験, 小学生(思考力・表現力コース) >

さいたま市北区 土呂駅から徒歩6分ほど
スポンサーサイト
プロフィール

スクラムnext

Author:スクラムnext
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。