そろそろ2学期期末テスト


2学期期末テスト:スクラムnext さいたま市北区 土呂 大学・高校受験 浪人生コース 現役高校生コース 中高一貫生コース 小学生思考力表現力コース 考える力・判断力をみにつける本質的な勉強で第一志望合格 E判定からの挽回

2学期は中間テストから期末テストまで約1か月。
中間テストが終わったかと思ったらすぐ期末テストがやってきてしまう。。。

中間で不本意な成績だった生徒は、1か月で挽回を!・・・1か月って結構キビシイですよね。

テストの結果は点数以上に大切なことがあります。
ここをしっかり見れば今後どう勉強を変えていけばいいのか、普段の勉強中にどんな書き方を習慣化してゆけば素早く解いてしかも計算ミスやうっかりミスが出ないようになるのか、こういった具体的でとても大切な方針の決定ができます。

これをやらなければ、テストを受ける意味が点数が何点取れたかばかりに集中してしまったり、「次回はがんばる!」とか「次はもっと早くから勉強を始める。」とか「次回は5教科であと30点は上げたい!」とか今後の課題もあいまいになってしまいます。
あいまいな改善点は、おそらく改善できる可能性は低いのではないかと思います。
テストの意義の半分以上が現在の位置を確かめることになってしまい、本来は現状以上に大切であるはずの今後への繋ぎが不十分になってしまう。。。

テストを見てわかることはまず、入試本番で失敗しないようにするにはテスト中にどんな”書き方”が必要になるか。
これらは、個人個人違うので、一概には言えないのですが、たとえばテスト時間内に終えようと気にするあまり、英文の読み方がザツになってしまうとか、数学で情報整理やグラフや図で考えるのを省いてしまってサッパリ解き方が思いつかなくなるとか。
入試や模試やテストになったら、過去問演習のときは9割とれていたり、テスト用の演習ではほぼできるようにしておいたのに、本番になったら半分しかできないとか3割しか取れないとかは、よくある話です。

今回の勉強を振り返れば、問題集をやってできなかった問題を何度も復習するだけでテストができるのか、それともそれだけではテストはできないのかもわかるはずです。
「問題集をやってできなかった問題を何度もやって復習する」というのは、素晴らしい方法に思えます。もっともらしく有効にな方法に思えます。
たしかに、これでちゃんとできるようになる人もいます。
でも、これでできるようにならない人もいるのです。
できるようになるひとは、この方法が通用する限りはそのままでよいでしょうが、そうでない人は勉強の方法を間違っています。”勉強の方法”といっても、復習等の計画面ではなく問題をといているときや、暗記物をしているときの着目点を間違っています。
着目点を間違えてしまえば、できるようにはなるのは確かに難しい。復習を何度もやったのに、できないのも頷けます。
もっと復習をやりなさい!そういう解決法もありますが、1日は24時間、高校や中学は3年間、時期が来れば受験の当日と時間に限りがあります。勉強しなければならない科目も何教科もあるし。
困ったことに、特に高校の数学や物理、英語ではこの着目点を明確にされないままに教えられてしまっていることが非常に多い。
その学校や先生にもきっと事情があるのだろうとはおもいますが。。。
このように教わってきた生徒の中には、たった15分程度着目点を教えただけで、30点台しか取れなかった物理のテストで80点台が取れるようになり、次の定期テストでも80点台をとってきた生徒もいます。

勉強法のズレ、着目点のズレを把握し、それを的確にするためには普段の勉強中にノートに何をどう書いていったらいいのか、それを習慣化することで、自然と着目点を身につけ、問題を整理したり、情報を抽出し解決の方針を考えることが自然なことになってきます。こうして、実力を重ねていくこともできるようになります。

もうすぐ2学期期末テスト、そろそろ準備に入ります。

スクラムnext
大学受験,高校受験,中高一貫生,小学生の個別学習指導塾
さいたま市北区 土呂駅徒歩6分ほど
スポンサーサイト

勉強ができる人の特徴?ってなに??

先日、こんな論文を読みました。
WIRED.jpに要約記事がありました。

勤勉さとオープンマインドは、知性に勝る:研究結果 (WIRED.jpの記事へのリンクです)

勉強ができるようになるのに必要な要素は何だろうか?

これは塾で勉強を教える者として、いつも考えていることです。

教えていて経験的に感じていた勉強ができるようになる要素は
1.勤勉さ
2.素直さ
3.勇気(恥ずかしがらないこと)
の3つでした。

 勤勉さは、宿題をちゃんとやってくるとか、塾に時間通りにちゃんと来るとか、ノートを書くのに億劫がらずに書くとか、そういったことです。ノートのここをこんな風に工夫した方がいいとかのアドバイスを続けてみることとかです。

 素直さは、“まずやってみる”こと。
何でも従うというスタンスの素直さとは別です。言われたことにただ従うとか盲目的に従うというのは、勉強の目的と違ってしまうと私は思いますので、こういうタイプの素直さというのは、あまり好きではありません。
大切な素直さは、こうした方がいいよとか、こうやるんだよと言われたことを「まあやってみようか」と、まずやってみる素直さです。
やってみて受け入れられなければ、その方法はやめちゃって別の方法に変えてみたっていいと思う。
やってみて、しばらく続けてみて、自分でアレンジしたっていいと思う。
よければそのままその通りに続けることだっていいと思う。
何にせよ、まずやってみて、しばらく続けてみることが大切だと思います。

 勇気は、間違う勇気とか、やってみたことを表現する勇気です。
子供は間違っちゃいけないと思っていることが多いですが、それでは成長できないと思うんです。
間違ってもいいから、自分の考えたことをやってみること、やってみて違ったら直せばいいし。
もっといい方法があったなら、そっちにシフトすればいい。
 何かができるようになるのに一番の方法は、先生とか友達とか誰か別の人がやったやり方をそのままやるのではなく、自分が途中までやってみた方法を修正したり付け加えたりして行くことと思います。
その土台となるのが、まずは自分でやってみることです。
でも多くの生徒は、やりたがらないんですね。
間違うのが怖いのか、そんなの変だと言われるのが怖いのか・・・
それはもったいないことですよ。だから、勇気が大切。

 今回読んだ論文では少々大規模な調査を行ったようですが、やはり必要なのは「勤勉さ」だということ。
それから「新しいことを受け入れやすい性格」 WIREDの要約ではオープンマインドをなっていました。
なるほど! オープンマインドね!
と、ちょっと新しい視点を手に入れて、嬉しくなりました。


参考書・問題集・勉強法の紹介など - 個別学習指導塾 スクラムnextのブログ
さいたま市 北区 土呂 大学受験/ 中高一貫校生/ 高校受験/ 小学生
個別学習指導 スクラムnext
プロフィール

スクラムnext

Author:スクラムnext
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR